事例紹介

【視察報告】ドイツエッセン溶接フェア vol.2

Lincoln_training②

2017年に開催されたドイツエッセン溶接フェア(SCHWEISSEN and SCHNEIDEN 2017)の展示内容を報告します。

前回、溶接作業者が高齢化しているが、なり手が少なく、人手不足になっている問題に
対して、初心者のトレーニングや使いやすい溶接機のニーズがあると書きました。

初心者の教育用として、※バーチャルリアリティ(VR:仮想現実)を使った
溶接トレーニング装置の展示が目を引きました。

※溶接トレーニング装置は、正確にはAR(オーグメンテッド・リアリティ: 拡張現実)だそうです。


以前からこの手の溶接トレーニング装置は存在していましたが 近年のVR技術の
発展により機能性能が格段に進歩しているようです。

溶接初心者が、実際の溶接機を使ってトレーニングするのと比較して 安全に短時間に
溶接技術を習得でき、かつトレーニングにかかるコストも安いという売り文句です。

ビンツェル(ABICOR BINZEL)、リンカーン(Lincoln Electric)、フロウニアス(Fronius)などの
ブースに展示してありました。


Lincoln_training


リンカーン(Lincoln Electric)は全姿勢溶接のトレーニングを付属スタンドで簡単に
準備できるとしています。

YouTube

 

 


Fronius training


フロウニアス(Fronius)では溶加棒を使ったTIG溶接トレーニングを実演していました。


Binzel_training②


ビンツェル(ABICOR BINZEL)のトレーニング装置は、溶接機にモニターがあります。
(外観はダイヘンのデジタル溶接機のようです)


Binzel_training①


トーチの先端はこんな感じです。


Binzel_training③


画面を見ると、様々な項目が記憶され採点されています。

YouTube

溶接業界における若年層不足および、それによる技術力格差の広がりが
深刻化している状況は日本でも変わりないので、将来的に大手を中心に
普及していくのではないかと思います。

関連記事

事例紹介

  1. 2019robot46
    2019年12月18日から21日に東京ビックサイトで開催された国際ロボット展を視察してきました。
  2. 2019robot35
    2019年12月18日から21日に東京ビックサイトで開催された国際ロボット展を視察してきました。
  3. 2019robot18
     こちらでは2019国際ロボット展で展示されていた協働ロボットをご紹介します。