事例紹介

【視察報告】ドイツエッセン溶接フェア vol.3

エサブ溶接機①

2017年9月25日から29日にドイツのデュッセルドルフで開催されたドイツエッセン溶接フェア
(SCHWEISSEN & SCHNEIDEN 2017)を視察してきました。

前回に続き、展示内容を報告します。

前回は溶接作業者が高齢化しているが、なり手が少なく、人手不足になっている問題に対して
初心者の教育用として、バーチャルリアリティ(VR:仮想現実)を使った溶接トレーニング装置を
書きました。

溶接機も同様で、初心者でも操作が簡単で、使いやすい機種の展示が多く溶接業界の
若年層不足による、溶接スキルの格差問題を解決しようとしています。


フロウニアス溶接機①


フロウニアス(Fronius)では新発売のTIG溶接機が展示してありました。
直感的な操作ができるようになっています。


フロウニアス溶接機②


ケーブルレスの無線リモコンで操作可能です。

溶接機は溶接ヘルメット、スマートフォンともつなげられるので
初心者の溶接スキル不足をサポートしています。


エサブ溶接機①


エサブ(ESAB)は“Rebel”というシリーズのスマート溶接機が展示してありました。

フロウニアス(Fronius)と同じく、直感的な操作ができるようになっています。

“Rebel”はエサブ(ESAB)の画期的な機能であるsMIG(smartMIG)を使用して
2年間または20年間溶接していたとしても、作業を楽にすることができます。

初心者には基本モードがあり、セットアップが簡単になります。 
ベテランにとっては、溶接を常に監視し、優れた繰り返し溶接に対応する専用の
アーク制御が組み込まれています。

YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=HtI1F5upIEo

エサブ(ESAB)にしてもリンカーン(Lincoln Electric)にしても、溶接機はオールインワンです。

TIG、MAG、MIG、手溶接、全てができる様になっているのが
日本の溶接機メーカーと違う特徴です。

関連記事

事例紹介

  1. 2019robot46
    2019年12月18日から21日に東京ビックサイトで開催された国際ロボット展を視察してきました。
  2. 2019robot35
    2019年12月18日から21日に東京ビックサイトで開催された国際ロボット展を視察してきました。
  3. 2019robot18
     こちらでは2019国際ロボット展で展示されていた協働ロボットをご紹介します。