事例紹介

【視察報告】ドイツエッセン溶接フェア vol.1

エッセン溶接フェア

ドイツエッセン溶接フェア(SCHWEISSEN & SCHNEIDEN 2017)を視察してきました。

世界の4大ウェルディングショー(日米独中)の中でも、50年の歴史があり、規模も世界最大です。

開催期間は2017年9月25日から29日。ドイツのデュッセルドルフで開催され、
日本のウェルディングショーと比べて、面積は5倍ですが来客は半分です。
確かに会場は賑わっていましたが、日本と違ってゆったりと見学できる印象でした。

まずは、ドイツで溶接をしている会社の状況ですが、日本と同じ課題を抱えているそうです。

ドイツでも溶接作業者の高齢化が問題になっているのですが、なり手が少なく、人手不足に
なっているそうです。なので、日本と同じく自動化のニーズかあります。

また、なり手が少ない仕事なので、多くは移民が仕事につくそうです。
そこで、初心者のトレーニングや使いやすい溶接機のニーズがあるわけです。

日本もドイツも、グローバルな競争にさらされている状況に変わりはなく
いかに品質の良い製品を安価に生産するかは共通の課題であり、ドイツでも生産性を高めるのに
必死になっています。なので、自動化や検査装置のニーズがあります。

しかも、ドイツは※インダストリー4.0の発祥国なので、溶接工程にもインダストリー4.0の技術が
活かされているようです。

展示内容は次回以降にアップします。

※インダストリー4.0とは、生産工程のデジタル化・自動化・バーチャル化のレベルを現在よりも
 大幅に高めることにより、コストの極小化を目指すドイツの国家プロジェクトです。

関連記事

事例紹介

  1. 2019robot46
    2019年12月18日から21日に東京ビックサイトで開催された国際ロボット展を視察してきました。
  2. 2019robot35
    2019年12月18日から21日に東京ビックサイトで開催された国際ロボット展を視察してきました。
  3. 2019robot18
     こちらでは2019国際ロボット展で展示されていた協働ロボットをご紹介します。