事例紹介

高圧ガス安全基礎知識(技術編保安について)

image025

高圧ガス安全基礎知識
2.「ガス容器はどのように保管したらよいのだろう?」
ガスの取り扱いを知る


 高圧ガス容器には高い圧力がかけられており、一歩間違えばガス漏洩、大爆発などの大事故に繋がります。ここでは、そのような事故を避ける為に必要な「ガス容器はどのように保管したらよいのだろう?」という疑問に答えられるために、ガス容器取り扱いの基礎知識をまとめました。

(1)容器の取り扱い
(2)緊急時の措置


(1)容器の取り扱い

 ・容器の保管
  区分して置く 充填容器 or 残ガス容器・ガスの種類
  火気厳禁   2m以内NG
  転倒防止   ロープ・鎖で固定
  通風
  直射日光NG
  40℃以上NG

 ・容器の取り扱い
  バルブの方に人がいないことを確認
  急激に栓を開けるのではなく、ゆっくりと開ける
 
 ・容器の運搬
  安全靴と手袋を着用し、正しい運搬方法をとること

image023

(画像: 日本産業・医療ガス協会)

・漏えい検査
  ガス漏れ検知器…ガスの種類によって検知器の種類がある
  リークチェック…発泡液と呼ばれることも
  高圧ガス容器に圧力調整機を取り付けた時など、定期的に漏えい検査を行うようにする。

 ・使用済み容器の取り扱い
  残圧(0.1MPa以上)を残した状態で消費を止める
  → 異物を混入しないための対策だが、最近はそれ以上使うことができないようになっている。
  容器弁を確実に閉める
  使用後は速やかに返却

 ★外気温と高圧ガス容器内の圧力
  例えば外気温が35℃の時、酸素の充填圧力は14.7MPa。
  しかし、日本では気温が35℃以上になることは稀なので、酸素の充填圧力は
14.7MPaよりも低くなることが多い。

 ★なぜ栓をゆっくり開けるのか?
・静電気が発生し、発火する恐れがある為
・断熱圧縮によって発火する恐れがある為

 ★断熱圧縮とは?
  外部との熱交換が無い状態で、圧縮された(圧力が上昇した)場合に温度が上昇すること。
 
 ★なぜ使用済み容器を速やかに返却するのか?
安全面で危険を伴うから
→放置された高圧ガス容器は、錆びや変形を受けて脆くなっている
→ガス漏洩や爆発に繋がる


(2)緊急時の措置

①事故内容を周囲の人にすぐに伝える
②ガスの供給を止めるなど災害拡大防止処置をとる
③指定避難場所に避難
④緊急連絡体制表に従い、消防署などへ連絡
⑤隊長の指示により、応急処置・消火活動


 高圧ガス使用中のガス漏洩や大火災を防ぐ為には、高圧ガス容器を丁寧に扱うこと、日常点検を怠らないことが大切です。容器保管場所・使用方法が安全規則に則っているか、今一度確認すると共に、ガス漏洩防止等の日常点検の徹底を定期的に呼びかけましょう。


弊社はお客様のガス使用に適したガス設備の提案、ガスの供給、保安のサポートが可能です。

★うちの保管場所の安全は大丈夫かな?
★漏洩防止点検は充分かな?
★放置されていたガス容器を見つけたんだけど… 等…

ガスでお困りの際はお気軽にご連絡下さい。

関連記事

事例紹介

  1. 2019robot46
    2019年12月18日から21日に東京ビックサイトで開催された国際ロボット展を視察してきました。
  2. 2019robot35
    2019年12月18日から21日に東京ビックサイトで開催された国際ロボット展を視察してきました。
  3. 2019robot18
     こちらでは2019国際ロボット展で展示されていた協働ロボットをご紹介します。