事例紹介

【視察報告】国際ウェルディングショー vol.3 “自動化による生産性向上”

アイキャッチ画像

【生産性向上の解決策・自動化ソリューション&最新の半自動溶接トーチ】


2018年4月末に東京ビックサイトで開催された国際ウェルディングショーを視察してきました。

前回は“人手不足”の解決策として自動化があるものの
自動化の中心であるロボットは、スキルを必要とする操作に難所があるため
最新技術を活用して、初心者でもロボット操作が簡単で使いやすいソリューションを報告しました。

自動化のニーズは“人手不足”だけなく、“生産性の向上”もあります。

ものづくりは熾烈なグローバル競争にさらされ
良いものを安く作らなければ、生き残れない状況になっています。

今回は展示各社の“生産性向上ソリューション”を報告します。

Panasonicブースでは“溶接工程自動化ライン”を展示していました。
ワークピッキング→溶接工程→検査工程の全自動化により生産性が向上します。

DSCF5800

動画:https://info.maruyoshi-k.co.jp/contents/video010
ディスプレイを撮影した動画をご覧ください。
6分間あり長いですが、プレゼンテーション→デモンストレーションの構成で
何が自動化されているか、わかりやすいです。

動画:https://info.maruyoshi-k.co.jp/contents/video011
ロボットの動きを撮影した動画もご覧ください。
ピッキング、治具レス、自動プログラム作成、自動ビード外観検査による全自動化
スパッタの少ないSuperactive-TAWERS溶接法にもご注目ください。


FANUCブースでは、自社の強みである協働ロボットやビジョンセンサーを使用した
ワークピッキング&ワークセットによる自動化を展示していました。

DSCF5869

動画:https://info.maruyoshi-k.co.jp/contents/video012
協働ロボットによるワークピッキング&セットを撮影した動画をご覧ください。
安全柵が必要ない協働ロボットを使用しているため
人と同じ環境でも安全に自動化できます。

DSCF5874

動画:https://info.maruyoshi-k.co.jp/contents/video013
バラ積みロボットによるワークピッキング&セットを撮影した動画をご覧ください。
ビジョンセンサーを使用したバラ積み部品取出し&掴みズレ補正により省人化を実現します。


ロボット溶接でなく、半自動溶接における生産性向上ソリューションも展示されており
ダイヘンブースでは最新の半自動溶接トーチを展示していました。

“インテリトーチ”はトーチが先端角度を認識して、溶接姿勢に対応した溶接条件を自動呼出します。

image1

私がトーチを立向き姿勢にしたら100Aの溶接条件が自動で呼び出されました。
次にトーチを下向き姿勢にしたら300Aの溶接条件が自動で呼び出されました。

詳しくはコチラの資料でご覧ください
https://info.maruyoshi-k.co.jp/contents/catalog003


最新の半自動トーチの展示はまだあります。
作業範囲を大幅に拡大する生産性向上ソリューションとして

DSCF5857

1)アルミ0.8mmワイヤーでもトーチケーブル長さ12メートル実現できるモーター内蔵プルトーチ
詳しくはこちらのダウンロード資料でご覧ください
https://info.maruyoshi-k.co.jp/contents/catalog004

2)溶接電源から最長58メートルまで延長が可能なプルフィーダ
詳しくはこちらのダウンロード資料でご覧ください
https://info.maruyoshi-k.co.jp/contents/catalog005


最後まで読んで頂いてありがとうございます。
今回は生産性を向上する展示内容を紹介しました。
ウェルディングショーの視察報告はまだまだ続きます。

関連記事

事例紹介

  1. 2019robot46
    2019年12月18日から21日に東京ビックサイトで開催された国際ロボット展を視察してきました。
  2. 2019robot35
    2019年12月18日から21日に東京ビックサイトで開催された国際ロボット展を視察してきました。
  3. 2019robot18
     こちらでは2019国際ロボット展で展示されていた協働ロボットをご紹介します。